こんにちは。楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスです
今回は指導者の方へ向けて、『大声を出すことは、バスケを指導することではない』というバスケを指導するときに気をつけたいことについてテーマを立てました。皆さんの中には、指導中に大きい声を出している方も、大きい声を出した方がいいと考えている方もいると思いますし、もちろん逆の立場の方もいると思います。バスケ指導で大きい声を出すことについて、一度じっくり考えてみましょう。



私が最初にバスケの指導者が大きい声を出すことについて考えたのは、バスケ未経験者の友人の一言がきっかけでした。それは、
「バスケの試合って必ずといっていいほど先生(指導者)が大声張り上げてるよね。そうしなきゃいけないものなの?」という言葉でした。その言葉に対して、当時の私は「ベンチや観客の応援、隣のコートの音もある。ましてやコート内を必死で走り回っている状態だからなおさら大声を出さないと何も声が届かない。だから指導者はほとんどの人が大きい声を出している。」というようなことを答えた記憶があります。しかし、今の私が当時と同じようなことを聞かれたら、全く違うことを答えます。



バスケを指導するには大きい声を出さなければいけないのか? という問いに対する今の私の答えは、バスケを指導するためにわざわざ大きい声を出す必要はないというものです。以前の私が思っていたように、試合中、周りがうるさいから大きい声を出した方がいいというのも確かにそうなのですが、それでも私は試合中に周りがどんなにうるさくても大きい声を出す必要は全くないと考えています。なぜならば、指導者はいちいち大声を出さなくても選手にちゃんと大切なことを伝えられるからです。



基本的にバスケの指導で大声を出す必要はないというのが私の言いたいことではあるのですが、 それには理由があります。試合と練習では状況が異なるので、分けて説明します。

まず、指導者が試合中に大声を出す必要ないと思う理由は、試合のときにムキになったところでもう手遅れだからです。勝つために試合中に選手に様々な指示を伝え、失敗を修正し、プレーさせるために大きな声を出すのかもしれませんが、選手の立場から考えるとコート内を走り回っているときにコートの外からあれこれ言われてもどうしようもないのです。リバウンドが取れなかった後に「リバウンド!」と言ったところでその後リバウンドが取れるようになるわけではありません。オフェンスでミスした後に「1対1!」と言ったところで1対1がその後うまくいくとは限りません。そうやって試合中に大きな声で叫ぶ前に、練習中にリバウンドについて指導したのか?1対1でうまく攻められるようになる練習をしたのか?ということを考えなくては指導者としての役割を果たしているとは言えないと思います。それに、選手の技術的進歩はみられませんし、試合で勝つこともできません。試合を観ていてもただひたすら誰かの名前を怒鳴っていたり、ただひたすら「走れ!」のような単語を叫んでいたり、ただひたすら選手を叱り続けていたりする指導者も少なくないのが現状です。

次に、指導者が練習中に大声を出す必要はないと思う理由は、 練習では選手に対して細かい内容を丁寧に伝えなければならないからです。指導者のみなさんは、練習中、選手に今の動きはそうじゃなくてこうした方がいいとアドバイスする際、どのように伝えていますか?練習内容にもよるかと思いますが3対3や5対5のような対人であれば、一度プレーを止めて冷静に話をするのではないかと思います。このような状況の中では大きな声は一切出す必要がないはずですし、むしろ大声では伝えられません。しかし、厳しい練習を乗り越えなければ強くなれないという考えから選手に対して厳しい言葉を頻繁にかける指導者や情熱はあるもののバスケの具体的な指導方法がわからないがために大声で何でもかんでも言うしかない指導者がカテゴリーに関わらず存在してしまっています。



ここまでバスケの指導で大声を出す必要はないという主張を続けてきましたが、ここからは大声を出さないバスケの指導について述べたいと思います。



指導者が大声を出さないということは、ひとつひとつの事柄について丁寧に説明するということだと思います。例えば、ドリブルが苦手でレッグスルーができない選手に対して何かを教えようと思ったら、ボールをつく位置や高さ、手の角度や身体の姿勢について説明することがたくさん出てくるはずです。みなさんはこれをひとつひとつ説明するのにわざわざ大声を出したりしないと思います。しかし、このひとつひとつの説明ができない指導者や説明する自信がない指導者は大声を出さざるを得なくなってしまいます。このような指導者は、選手に対してレッグスルーができるようになってほしいという思いはあるので「ちゃんとやれ」「練習しろ」という言葉をかけるのですが、いつの間にか早くできるようになってほしいという焦りから大声で叫ぶようになってしまいます。「ちゃんとやれ!」と怒鳴られただけで選手はレッグスルーを修得することはないですし、怒鳴られたことで士気が下がります。これではかえって指導者が選手の上達の妨げをしていることになります。このような例から、指導者の指導スキルが大声を出す必要性を左右するということがわかるのではないでしょうか。



指導者にとって、選手にうまくなってほしい→でも具体的な教え方がわからない→わからないけど指導者として何かしたい→大声で情熱的に言葉をかける→すぐにうまくならない→もっと大声で言葉をかけるというのは悪循環です。この悪循環に陥らないためにも大きな声で指導者自身の情熱を示すのではなく、ひとつひとつのプレーに関して言葉で選手がわかるように伝えられることになることが必要です。そのためにはまず、指導者はプレーやその教え方について日々勉強しなければいけません。



今、このページをお読みになっている指導者のみなさんは、バスケットボールに関してすでに多くのことを学んでいることと思います。楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪では、指導者のみなさんの更なる学びに役立つ内容を発信していきたいと考えているので、よかったら参考にしてください。



最後までお読みいただきありがとうございました。これからも、楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスをよろしくお願いしますm(__)m
※記事に関する質問や書いてほしい記事のリクエスト、その他お問い合わせはコメント欄もしくは右上のお問い合わせフォームより受け付けています。 
※楽バスでは、個人やチームを対象としたバスケットボール相談・選手やその保護者および指導者を対象としたバスケットボール相談を行っています。バスケ教室やバスケ相談のお申し込みはこちら