こんにちは。楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスです
今回は選手のみなさんへむけて、『練習を頑張っただけで試合に勝てるほどバスケットボールは甘くない』というテーマを設定しました。試合に勝つために練習を頑張るのは当たり前ですが、それだけで試合に勝てるわけではありません。特に、毎日練習を頑張っているのになかなか勝てないと悩んでいるチームのみなさんに読んでいただきたい内容です。(ここでいう練習とは、チームでの全体練習ということを前提として話を進めていきます。 )



みなさんのチームは全体でどのくらいの練習を行っているでしょうか?
朝練、夕方(放課後)練、土日、、、合わせて週何日間で週何時間くらい練習をしていますか?試合に勝つために一生懸命練習しているみなさんは、ほとんど毎日練習をしているのではないかと思います。しかし、毎日練習をしているのになかなか試合で勝てないというみなさんもいるのではないでしょうか。どうせ頑張っても無駄だと諦める前に、なぜ練習を頑張っているのに勝てないのか、他に何をすれば勝てるようになるのかを考えるといいかもしれません。



それではまず、練習を毎日頑張っているのに勝てない理由について考えてみましょう。
考えられる理由として、
  • 練習時間が長過ぎてダラダラしている。
  • 練習では指導者に言われたことをただひたすらやっている。
  • 毎日代わり映えのない練習をしている。
  • チームの練習時間以外に選手ひとりひとりがバスケと向き合っていない。
といったことが挙げられます。



たくさん練習しようと意気込んで1回の練習時間を長くしたのはいいものの、逆に時間が長過ぎて集中が続かなかったり体力がもたなかったりしていないでしょうか。いくらやる気があっても私たち人間には体力の限界というものがありますから、ただ練習時間を長くしても効果的な練習ができるとは限りません。また、選手が自ら考えることなしに指導者から言われたことだけをやっているような練習も、効果があまりみられない練習となってしまいます。選手のみなさんが練習中、何も考えずに指導者から言われたことだけをこなしているようでは絶対に試合で勝つことはできません。なぜなら、バスケットボールの試合中には、人から言われた通りにプレーすることよりも、目の前の相手や状況に応じて臨機応変にプレーすることが求められるからです。これは日頃の練習から意識していない限り、試合でいきなりできるようなことではありません。練習内容も、毎日同じ練習をするのではなく、日々チームに必要な内容を考えて課題に合わせた練習を行う必要があります。試合が近ければ、対戦相手に合わせた対策も必要になるでしょう。学校の勉強も同じで、いつまでも同じ単元に取り組んでいることはなく次から次へと単元が変わっていっているかと思います。そして何より、チームの練習時間以外に選手のみなさんがバスケットボールについて真剣に考える時間があるか?ということが試合に勝てるようになるためには重要なポイントです。
 以上のことを踏まえて、練習を頑張る他に何をすれば勝てるようになるのかを考えてみましょう。 
  • チーム練習の時間を短くして、その分を個人の課題練習にあてる。
  • 人に言われたこと以外にも自分で考えながら練習に取り組む。
  • チームの課題に合わせて練習内容を変えていく。
  • 自主練習などを通して選手ひとりひとりがバスケと向き合う。
このように現状を少し変えるだけで、チームが勝利に近づくことができるはずです。



チームの全体練習をしているだけでは個々のスキルは伸ばしきれないので、選手ひとりひとりに応じた課題練習が必要になります。ガードの選手ならドリブルをより極めようとか、センターの選手ならゴール下でのステップのバリエーションを増やそうとか、ポジションやプレースタイルによって様々なないようになるかと思います。チーム全体で行う練習の他にポジション別の練習や課題別の練習を行うことで個々のスキルを伸ばし、結果的にチーム力の強化へと繋げることができます。また、選手のみなさんは指導者から言われたことだけを黙々とやっているようでは、まだまだ勝利に近づくことはできません。言われたことを考えながらやったり、言われる前に考えてやったりしていないと試合中に逐一アドバイスをしてもらわないと動けない選手になってしまいます。みなさんには、瞬時に自分で物事を考えて判断する能力を身につけられるよう日頃の練習から意識してほしいと思います。試合前と試合後の練習では、当然練習内容も変える必要があります。相手チームのスカウティングをもとにディフェンスの対応を変えたり、相手の弱点をつくようなオフェンスを採用したりします。試合後には試合で上手くできなかったことを中心に練習し、次の試合では改善できるようにします。そして試合に勝てるようになるための一番のポイントは、チームの練習時間以外に自主練習等を通して選手のみなさんがバスケと向き合うことです。自主練習でたくさん練習する以外にも、バスケットコートを離れたところでもできることがあります。
例えば、以下のようなことです。
  • 怪我予防のため毎日家でストレッチをする。
  • 練習があった日はかならずバスケノートを書く。
  • 普段から食べ物に気をつける。
  • プロバスケ等レベルの高いバスケを観に行く。
  • スマホでバスケ動画を見たり、バスケ情報を調べたりする。



よく強いチームでは、「恋愛禁止」「ファーストフード禁止」「炭酸飲料禁止」「お菓子禁止」といった禁止事項がルールで決められていると聞きます。強いチームは厳しい練習を行うだけでなく、食べ物に気をつけるためのルールまで存在しています。ルールで決められていれば強制的に禁止せざるをえませんが、食べ物に気をつけることはルールで決められなくてもできることだと思います。(恋愛を禁止すべきかどうかは、ここでは触れないこととします・・・)みなさんは、試合で勝つことと好きなお菓子を食べることのどちらが大事ですか?バスケノートを書くこととスマホでツイッターをすことのどちらが大事ですか?このように考えると、試合に勝つために練習以外でできることはたくさんあるのではないでしょうか。



試合で勝つためには、練習を頑張るだけではなく練習以外でもできることをしていく必要があります。練習以外でできることは何か考えてみると、それは無限に見つかると思います。試合で勝ちたいと思っていたけど練習以外の場面でバスケのことはあまり考えていなかったなあというみなさんは、これを読んだ今から、少しでもいいので何か考えてみましょう。(これを読んでいる時点で、バスケのことを調べたということになりますが)考えた結果、具体的に何をすべきかよく分からないという人は、楽バスからアドバイスできることがあると思うので、お気軽にコメントや直接お問い合わせください。



最後までお読みいただきありがとうございました。これからも、楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスをよろしくお願いしますm(__)m
※記事に関する質問や書いてほしい記事のリクエスト、その他お問い合わせはコメント欄もしくは右上のお問い合わせフォームより受け付けています。
※楽バスでは、個人やチームを対象としたバスケットボール教室、選手やその保護者および指導者を対象としたバスケットボール相談を行っています。バスケ教室、バスケ相談のお申し込みはこちら