こんにちは。楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスです
今回は女子バスケ編ということで、『女子バスケットボール選手はお洒落をしてはいけないのか』というテーマでお送りします。今回の内容は、バスケに限らず他の多くのスポーツ(特に球技)にも共通する部分もあるかと思います。選手のみなさんにとっても指導者のみなさんにとっても、今回のテーマについてはいろいろと考える余地があるのではないでしょうか。



今回の『女子バスケットボール選手はお洒落をしてはいけないのか』というテーマに対し、
女子である私の意見はといいますと、 女子バスケットボール選手だってお洒落をしていいはずだというものです。決して私が、お洒落を楽しまずにバスケに没頭していた過去を嘆いたり、後悔したりした結果そう思うというわけではありません。女子バスケ界の特に中高生世代にみられるあることに疑問を抱いているからです。



その疑問は何かというと、なぜ女子バスケ部は髪の毛を短く切らなければいけないと決められているのかということです。もちろん、全ての学校の全ての女子バスケ部がそうではありません。しかし、各都道府県内で常に上位に入っているチームやスポーツ推薦によって選手を集めているチームの多くは、髪の毛を短くすることを指導者や伝統によって強制されています。髪の毛を短くすればバスケが上手くなったり、試合に勝てるようになったりするわけではないのに、どうしてわざわざこんなことを強制する必要があるのかみなさんは考えたことがありますか?正直、髪の毛を短くしなければけない理由や髪の毛が長いと困ることなんてほとんどないと思います。よく聞くような「髪の毛が長いと邪魔」というのは嘘で、ちゃんと結んでしまえば邪魔にはなりません。それに大学生や実業団選手、プロ選手を見てもわかりますが、みんながみんな髪の毛を短くしているわけではありません。バスケを極めている髪の毛が長い選手はたくさんいます。



これはバスケに限った話でありませんが、基本的にスポーツは男子のものといった感覚が日本の文化にはあります。最近ようやくその感覚が融け始め、一昔前までは男の子のスポーツといわれていた野球もサッカーも女子選手の競技人口が増えてきました。女子野球部も増えて女子プロ野球が設立されたり、女子サッカーはワールドカップで優勝したり、、、やっとスポーツが女子のものにもなってきたのではないでしょうか。しかし、指導者は男性が多く女子特有の指導についてはまだまだ発展途上といったところであり、まだまだ日本のスポーツ界は男性的な文化を中心としているのが現状です。



一方、欧米のスポーツは事情が違い、スポーツにおける男子の考え方と女子の考え方がそれぞれ確立されているように感じます。例えばアメリカでは、女子のスポーツチームのスタッフ陣は全員女性です。監督も、コーチも、マネージャーもです。日本ではなかなかないことだと思いますが、アメリカではこれが当たり前です。野球でもサッカーでもバスケでも、オリンピックやワールドカップなどの世界大会をみなさんが見たことがあればもうお気づきかもしれません。先ほども少し述べましたが、トップ選手の中には髪の毛が長い選手がたくさんいるということです。特に欧米の選手は、髪の毛が長い選手よりも短い選手を探すことの方が難しいような気さえします。それくらい髪の毛を伸ばしている女子スポーツ選手は多いですし、よく見てみると髪の毛の結び方もお洒落にしている人もいます。



もちろん、女性にとってお洒落とは髪の毛を伸ばすことだけではありません。メイクをしたり、服を選んだり、小物にこだわったり、、、(バスケのプレー中には危険を伴ってしまうため諦めざるをえないこともあります。例えばネックレスやピアス、ヘアピン、ネイル。)危険なものに関しては選手に対して指導者が注意しなければいけませんが、特に問題ないものもあるはずです。ヘアピンを使わないヘアアレンジなどです。日本では女子でも馴染みがありませんが、海外では多くの選手がメイクをしてプレーしているそうです。女子サッカーのフランス代表は全員ばっちりメイクをしているそうですし、WNBA(アメリカ女子プロバスケ)選手もメイクをしてプレーしているそうです。WNBA日本人プレーヤーである渡嘉敷選手は、とあるインタビューで「試合中に相手選手の化粧が自分のユニフォームについていてびっくりした」と語っていました(笑)



私は、何でもかんでも欧米を真似すればいいと思っているわけではありません。しかし女子バスケットボール選手は、もっとお洒落をしてプレーしてもいいのではないでしょうか。日本では「化粧をしてバスケをするなんて」「髪の毛を染めるなんて」という感覚が当たり前のようになっていますが、ふと海外を見てみると化粧をしてプレーすることが当たり前であったりします。お洒落に没頭しすぎてバスケに身が入らないとなれば問題ですが、女子として適度にお洒落をしつつバスケに取り組めればもっともっと楽しくなるのではないでしょうか。髪の毛が短いボーイッシュな女子バスケットボール選手も格好いいですが、お洒落で女性らしいバスケットボール選手も魅力的だと思います。あまり議論されない内容かとは思いますが、選手のみなさんにも指導者のみなさんにも、そして保護者のみなさんにも今一度考えていただきたいテーマとして今回取り上げることといたしました。



最後までお読みいただきありがとうございました。これからも、楽しんで勝つ!楽勝☆バスケットボール♪略して楽(らく)バスをよろしくお願いしますm(__)m
※記事に関する質問や書いてほしい記事のリクエスト、その他お問い合わせはコメント欄もしくは右上のお問い合わせフォームより受け付けています。
※楽バスでは、個人やチームを対象としたバスケットボール相談・選手やその保護者および指導者を対象としたバスケットボール相談を行っています。バスケ教室、バスケ相談のお申し込みはこちら